gaopin

こんにちは。今年4月に新卒で入社し、現在は『はたらいく』のiOSアプリ開発を担当している高松です。
今回は簡単に自己紹介をしたいと思います。

大学では何をしていたか?

大学では、経営システム工学学科のソフトウェア工学の研究室に所属し、主にメーカーが採用しているような開発手法、モデリングやUML(統一モデリング言語・Unified Modeling Language)を研究していました。その中でも、バグレポートの言語処理をし、レポートからどのモジュールが関係しているのかを学習させて傾向などを調査する、機械学習を使ったバグトレースシステムの研究を行っていました。

それと同時に、大学1年から卒業直前までビデオオンデマンドのシステムを提供している企業でインターンをしていました。例えばルームオーダーのシステムなど、ビデオオンデマンドのシステムを作ったり、社内のシステムを組んだりしていました。普通では味わえない経験ができた、貴重な機会でした。

なぜリクルートに入社したか

インターンの会社で担当していたサービスはクローズドな環境でしか公開されていないものだったので、あまり人目にもつかず、話題にもなりませんでした。それで、もっと人目につくサービスの開発に携わりたいと思い、ウェブサービスの事業会社を軸に就職を考えていました。

リクルートの他に内定をもらった企業では、エンジニアドリブンで立ち上がって、技術ありきでサービスを作っている会社が多くありました。それに比べてリクルートは、営業ドリブンで、ビジネスとサービスがかなり密に結合していて、かつ、まだエンジニアの歴史もまだ浅い。ある意味対照的な企業のどちらが自分にあっているのかで、かなり頭を悩ませました。最終的には、リクルートのほうがビジネス的にもおもしろそうで、貴重な体験ができるかと思い、入社を決めました。

リクルートに入社してどうだったか

やはり「エンジニアの文化というのはまだまだ始まったばかりだな」というのを感じました。エンジニアの業界は移り変わりが激しいので、エンジニアであれば新しいツールが出たらすぐに試してみたいものですが、申請・購入の手続きもあり、すぐに利用できる訳ではありません。そして、エンジニアがサービスを作るのではなく、「営業や企画の関係者を含めてビジネスを作っていく」という観点で、調整が多いのも事実です。ただ、そういう経験はエンジニアドリブンの会社では体験できなかったことだと思うので、毎日が新鮮かつ刺激的でおもしろいです。

大学時代に働いていたのは小さい会社というのもあって、個人開発のような感じで、知識も濁りがちになっていた部分もあったと思います。ただ、いまはチームで開発をしているので、コードを書く上で他の人と協業するということを意識しながら書かないといけなかったり、困ったことがあれば他の人に助けを乞うことができたり、今までとは違うサービス作りの手法を体感できています。
8月末まで僕のチームはリモートワークのトライアルに参加していて、先輩の家に毎日集まって作業をしているのですが、まるで合宿やギークハウスのようです。もちろん大変なこともありますが、楽しいことのほうが多いですね。

今後やってみたいこと、挑戦したいこと

僕はもちろんテクノロジーは好きなのですが、ギークタイプのエンジニアではありません。ものを作るためのコードを書くことが好きなので、サービスありきでテクノロジーを落とし込めるような、バランス感覚のいいエンジニアになりたいと思います。とは言いつつ、今はまだ入社して間もないのでまだ目の前のことで精一杯ですが、これからは目新しい技術を使って、新機能実装などにチャレンジしてみたいです。サービスとの相性もありますが、Instant App、チャットUIなどおもしろそうな技術は次々と登場しているので、機会があれば、サービスドリブンではなく、テクノロジードリブン寄りのサービスにも挑戦してみたいと思っています。