IMG_20160603_170913

まず自己紹介

こんにちは。商品本部デジタルマーケティング室の 作野 浩之 です。

2015年度に新卒でリクルートホールディングスに入社し、現在、リクルートジョブズに出向しています。
リクルートジョブズでは、 Data Science x Infrastructure を軸として、入社以降から一貫してサイト内検索の改善に従事しています。

この記事について

2016年6月1~3日に品川で行われた AWS Summit Tokyo 2016 でリクルートジョブズから私も含めた2名が登壇してきました。今回はその模様をレポートします。

AWS Summit Tokyo 2016とは

AWS Summit は、AWSクラウドに関する様々な事例、最新技術、活用方法を紹介する世界最大規模のAWSのクラウドカンファレンスです。
エグゼクティブからデベロッパーまで10,000人以上が集まる3日間です。
企業でクラウドを導入しようとした具体的な事例などはEnterpriseセッションで発表され、開発者視点でのAWSの使い方の事例や、構築したサービスについてはDevelopers Conferenceで発表されます。 今年のテーマは「クラウド活用の最適解、ここに集結。」でした。
詳細は、AWS Summitのサイトをご覧ください。

AWS Summit の様子

品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催されました。

会場の様子です。飛天の間。 
AWS summit1

2日目にあった懇親会の様子です。
Slack for iOS Upload-20

発表について

6/3の Developers Conference では木田と私が「タウンワークにおけるサーバーレスアーキテクチャデザイン」というタイトルで発表を行いました。
木田からは主に事業背景やプロジェクトの体制の話、私からは実際にAWSを用いてどのようにインフラを構築したかという話と、インフラの管理コストを下げる上でのTipsについてお話しました。

発表当日の様子
Slack for iOS Upload-22

IMG_20160603_175521

IMG_20160603_174135

登壇に至った背景

発表内容を見ても分かるように、今回の施策で構築したインフラは、可能な限りフルマネージド、サーバーレスなアーキテクチャを実現しようと努めました。
というのも、監視、運用などの仕組みを整える事にそこまで時間を割かず、もっとユーザーに対して直接的に価値を還元できるような取り組みに時間を割きたい、というモチベーションが非常に強かったからです。
その取り組みが認められ、発表する場を頂く運びとなりました。

SLA的な視点

今回、フルマネージド・サーバーレスなアーキテクチャを実現するために、AWSの新しいサービスを積極的に活用していますが、これは、あくまでSLAをしっかりと固めた上での取り組みです。
移行にかかる人的・金銭的コストを度外視して、現在動かしている全てのサービスをモダンなアーキテクチャにすべきとは思いませんし、SLAを固めないまま新しいサービスを導入する事が正解だとも思いません。

ただし、部分的にバッチをLambdaのScheduled Eventに置き換えたり、サービス間の連携でLambdaを使用したりという事は可能なので、超部分的に導入してみる事はありなんじゃないかなと思っています。

実際に登壇してみてどうだったか?

今回は Core Technology Lab というデータサイエンティスト6名からなる組織の取り組みの発表だったのですが、「データサイエンティスト達が新しいインフラを作った」という事に対して多くの方に興味を持って頂けたかな、と思っております。

最後にAWSの向き合い方と、私自身これからについて

私は「そのデータ解析できるよ。そうジョブズならね。」と言える人材になりたいと考えています。
というのも、素晴らしい機械学習のアプローチがあったとしても、技術的制約からイノベーションが阻害される事は多々あるという事をこの1年間で痛感しているからです。

例えばそれは、データサイズが大きすぎて現実的な計算が終わらなかったり、そもそも解析に活かせるデータを取っていなかったりといったようなことです。
こういった状態を積極的に破壊していき、素晴らしいアプローチの恩恵をコンシューマ全員が受けられる状態にしたいと考えています。

それを実行していくにあたって、これからもAWSを積極的に活用していきたいな、と思っています。
SLAの文脈で話が通しやすかったり、フルマネージドサービスを使えばよりビジネスロジックに集中できるからです。

今後もAWSを活用していき、「そのデータ解析できるよ。そうジョブズならね。」と言い続けていける存在になりたいと考えています。